本文へ移動

管理会社変更を検討の方

株式会社ビルディング Dr. 北九州・宗像のマンション管理適正化宣言

管理組合にとって理想のマンション管理を共に創ります。
※北九州市及び宗像市のマンション管理サービスです。

私達の宣言

マンションの修繕積立金を「最も多く残す・守る」事をお約束します。私達はマンション管理『適正宣言』のもと、自己の利益に捉われない真に価値のある提案者としてマンション管理業界にイノベーションを起こします。
ガラス張りの提案を行い、中間マージン(管理委託費)・バックマージン(大規模修繕)を一切頂きません。
管理物件に対して、弊社から大規模改修施工業務に伴う受注活動は行いません。

代表のメッセージ

弊社は35年間、北九州エリアにおいてマンションの改修工事を行って参りました。マンションも長年に建物老朽化で劣化し、居住者も毎年毎年1つずつ歳をとっていきます。居住者への肉体的・精神的負担が大きく、高齢化やライフスタイル変化による心配もあります。
 
改修工事中の組合様からも「今後の自主管理には限界を感じてるので管理会社へ委託したい」などの声を聞きます。
 
築年数の経過=建物の老朽化、居住者の高齢化⇒役員なり手不足⇒管理不全⇒資産価値低下⇒居住者の減少⇒空室の増加で、負のスパイラルとなります。
 
建物の総合医(セカンドピニオン)として、ぜひ一度当社へお気軽にお問い合わせください。

マンション管理のコンセプト

中間マージンを一切排除し、常に透明性がありコスト削減が可能なマンション管理を管理組合と共に創ります
売上ノルマが一切なく、お客様と100%利害を共にするフロントマンが担当します
フロントの担当物件の上限を10棟程度にすることでお客様との時間を大切にし、レスポンス良く問題を解決
 マンション改修に携わってきた35年の経験と知識でより精度の高い長期修繕計画を策定し、修繕積立金を守る適時適切な修繕工事を立案します
建物のかかりつけ医(一級建築士)による定期診断で建物の健康状態を把握し、不具合に早期発見・早期対応して報告します

現状の管理会社に不満や疑問はありませんか?

管理会社に対する不満・疑問例

管理委託料が割高・内訳がわからず不透明である
点検や保守のコストに中間マージンが発生している
工事の見積もりが高い・比較できない・無駄な工事が多い
長期修繕計画の内容が妥当かわからない
提案が管理会社の元請けで、自社の収益を優先している
フロント担当者の対応が遅い・悪い
管理組合の継続性に消極的で理事の引き継ぎをフォローしない
管理のレベルを上げるための提案力がない
多くの管理会社でエレベータなどの設備の保守・点検、清掃業務、管理員派遣業務の全てを管理会社に委託しています。
しかし、これら全ての業務を管理会社で行うことは難しいため、一般的には再委託(外注)されます。
この再委託を含む管理方式(全部委託管理)がお金の流れを不透明にし、管理会社が容易に中間マージンを得ることができる仕組みとなっています。
この中間マージンは、日常諸業務(小修繕)にも及んでいるケースが多く、管理会社の収入源となっているのです。
管理会社主体で不透明な部分が多数!
これでは自分のマンションが適正なのかわかりません!
『COMシステム』は、自主管理のメリットであるコストパフォーマンス(管理組合と保守業者が直接契約することで無駄な中間マージンが排除できます)と全部委託管理のメリットである総合マネジメント(業者の選定や日程調整、業者への支払いなど面倒な業務を全てサポートします)を取り入れた理想的な管理システムです。

修繕計画の見直し

将来に渡り安心して居住できるマンションにするためには、個々のマンションに適した修繕計画を策定し、実行することが重要です。そのためには、日々の巡回で建物の状況を正確に把握することと、修繕積立金の過不足を常に意識し、管理組合と管理会社が建物の現状と修繕の適正な時期を共有することが重要です。
 
弊社では、徹底的に無駄を省くことで、最大限のコスト削減に努めます。
「足りなくなったら値上げする」といった単純な発想ではなく、無駄なコスト(中間マージン)を省くことが先決だと考えます。コスト削減により発生した余剰金を修繕積立金に蓄えることで値上げの負担を軽減できます。
また、長期修繕計画についても5年ごとに見直すことで、より精度の高い計画案をご提示いたします。

建物のかかりつけ医(セカンドオピニオン)

マンションの資産価値を守るため、一級建築士を中心としたスタッフが「建物のかかりつけ医」として定期的に点検を実施いたします。そこで見つかった不具合は迅速に対応し、大きなトラブルを未然に防ぎます。
30年行ってきたマンション大規模修繕工事・監理・診断についてのノウハウもご提供します。

定期点検

定期点検はマンション管理・保全のために欠かせません。
定期的に行うことにより建物状況を都度把握でき、長期修繕に対応した計画が策定できます。小さな変化でもその先にある長期修繕計画や大規模修繕工事に影響を与えるため、早期発見することが大切です。

ビルディングDr.の安心サポート(全て事務管理業務に含む)

1.業者の選定

エレベーター保守や清掃、管理員などの業者のピックアップはもちろん、価格や内容の適正を把握するため数社へ見積もりを依頼します(弊社が代行)。その後、皆様と話し合い業者を選定していきます。業者との打ち合わせや交渉も弊社が代行します。

2.管理費について

管理組合とメンテナンス業者間での直接契約のため、透明な運営が実現します。管理費、管理内容が明らかになることにより、これまでの中間マージンが削除され管理費の大幅な削除が可能になります。

3.財産(管理費、修繕積立金)の管理について

原則方式を採用しています。原則方式とは各組合様が組合名義の通帳に管理費、修繕積立金を振込み、又は口座引き落としで入金します。通帳は管理会社、印鑑は組合役員様がそれぞれ保管する方法のため、資産が保全されます。

4.緊急時対応について

警備会社との提携により24時間いかなる場合の緊急時にも対応いたします。また、水漏れなどの設備の故障や不審者などの通報、日常クレームなどに対しても24時間対応いたします。

5.契約について

1年契約です。途中解約による違約金は一切頂きません。

6.提案について

すべての理事会・委員会に出席させていただくことで、問題意識を共有し、各マンションにあったご提案(保険の見直し、セキュリティーの充実、生活環境の向上など)を行います。
これらについても業者選定、競合見積もりを行い、最良の業者を選定します。もちろんその際の中間マージンも一切、頂きません。

7.専門性について

ビルディングDr.では、マンション管理士による管理組合運営のサポート、1級建築士による建築設備管理業務で高い専門性を有しています。

管理の問題点を”知る”ことが
最適な管理を行う近道であり、
管理会社を選択するヒントになります。
マンションは管理(管理会社)で大きく変わります!

理想のマンション管理会社を目指す 「株式会ビルディングDr.」

  1. 管理・修繕業界では当たり前の中間マージンを排除
  2. マンション管理士によるコンサルティングを通じた住み心地・資産価値支援
  3. 建物のかかりつけ医として予防保全を重視した建物維持・修繕のコストマネジメント
お問い合わせをお待ちしています!

あなたのマンションの健全性をチェック!

一般社団法人福岡県マンション管理士会所属の診断マンション管理士が「マンション管理適正化診断(診断レポート付)」を行います。
※ 診断結果に応じて、マンション共有部分用火災保険の割引を受けられる可能性があります。
 
\ ご相談下さい。/
TOPへ戻る