建物のお医者さん ビルディングDr.

タイル外壁の補修 ハイブリッドクイック工法

タイル外壁、モルタル外壁を損なわずに補修します。
従来のタイル外壁、モルタル外壁の補修工法(ピンニング工法)の問題点を全て解決した確実な施工効果により環境配慮・高強度・合理化を追求した工法です。
穿孔、樹脂注入、ピンニングの3工程での高強度施工を可能にしました。

  • 工程1
  • 工程2
  • 工程3

特徴1. 環境配慮・高強度・合理化を追求

ハイブリッドクイック工法の特徴は、湿式超低騒音ドリル(MF-1)の開発により、超低騒音(60dB以下)、超低振動、無粉塵(洗浄穿孔)を実現し、またハイブリッドノズルの開発により、0.1mmの孔最深部(躯体と下地モルタルの隙間など)に確実に樹脂注入が出来る為、エアー溜まりが発生せず注入後の樹脂の戻り、ピンの浮きだしを無くし、全ネジピンの引抜き強度を確実なものにしました。

さらにハイブリッドピン(キャップ付き全ネジピン)の開発により、従来の工法(ピンニング工法)に必要な樹脂の硬化待ち、パテ埋め作業、研磨作業、塗装作業の4工程をなくしました。

その結果ハイブリッドクイック工法は、穿孔、樹脂注入、ピンニングの3工程で高強度施工を可能にした画期的な施工方法です。
また、施工日数の短縮化により、仮設費、諸経費等が軽減できる相乗効果があります。
実績
宗像ユリックス宗像ユリックス
天神愛眼天神愛眼
天神給気塔天神給気塔
   
実績一覧はこちら


© © 2017 · 「30年間培った技術」ビルディングDr.
© 2017 一級建築士事務所 株式会社ビルディングDr. · My Website